yumi-fields

日々感じること。心のままに。 私の病気の事、仕事やプライベート、心の中の事をありのままに。

良いお年を…❤︎

 

 

今日で今年も終わり。
2017年の大晦日になりました。
夕方から実家に皆が集まります。
父と祖母が待っています。
私家族と弟家族。皆んな仲良しで、有難いです。

 

天ぷらを山盛り揚げて、お蕎麦も美味しいのを頂いてるので、今年は天ざるです。
皆んなでワイワイと年越し蕎麦を食べたら、お節料理を詰めます。
ギリギリまで仕事なので、いつもこんな年越しです。

 

うちの子はきっと、父と将棋をするはずです。
将棋と花札は、3歳から父に仕込まれてます。
かなり強いです(笑)
姪っ子はたぶんお腹いっぱいになったら、こたつでウトウト寝てしまうはずです。
大人はお酒を呑みながら、きっと他愛もない話で盛り上がります。

 

 

そんな中、私はバタバタとお正月の準備をします。
去年は喪中だったので、久しぶりのこの感じです。
ゆっくりしたいとか、私もお酒呑みたいとか思いません。台所でこの幸せを噛みしめたいと思います。

 

『黒豆炊けたよ〜』と友から今LINEがありました。
うちのも一緒に炊いてもらったのです。
忙しいのにありがとう。本当に助かった。

 

奇跡のような、この瞬間のひとつひとつに感謝して。
今夜は御節を詰めて、お雑煮の準備をします。
あぁ、私。とても幸せです。
今日は泣いてる時間ないのに(笑)
すぐに涙が溢れます。

 

 

 

昨夜は子どもが言ってくれました。
『 ママの仕事納め、今日やんね? 今年もお疲れ様でした。いつもありがとう。』
塾に迎えに行った帰り道です。

 

この塾までのたった15分の距離が、私達にはとても大切な時間です。
音楽を大音量にして、2人で歌いながらの時もあるし、学校や友達の話、恋ばなまで(笑)とても貴重な空間と時間でした。

 

朝も『 行ってきます 』と出掛ける時に、必ず2回こちらを振り返ります。
そして小さく頷いて、私に手を振ります。
そんな何でもない普通の事が、全部有難いと思った一年でした。

 

この子に会えるのが今日が最後でもいいように生きよう。
そう心に決めた半年前。
そう決めながらも、特別な事ではなく普通の毎日を淡々と生きようと思い、そう過ごして来ました。

 

こんなに素直で優しい子に育ってくれた。
それ以上何を望めばいい? それだけで充分です。

 

私はこの一年、本当にたくさんの気持ちを貰った。
最大の苦しみや悲しみは、もしかしたらそれ以上の幸せと喜びを与えてくれるのかもしれない。
きっと、普通では通り過ごしていたような事にも
ひとつひとつが奇跡だし、有難いと思える一年でした。

 

私、死ぬ時はきっと自分でわかると思います。
あぁ、もうそろそろかなって。
だから、まだまだ大丈夫です(笑)
この生かされた命をちゃんと全うしなければ。

 

 

たくさんの愛を、ありがとうございました。
私に関わる全ての人が、来年も笑顔でありますよう。

 

良いお年を…❤︎ 感謝を込めて。

 

年末あるある

 

 

昨日は自宅で仕事で、その合間に片付けしたり
何時間も無言で年賀状を書いてたら、あっという間に夜。
『 あっご飯食べるの忘れてた!』毎年の年末恒例の話。
あれもこれも、まだまだしたい事が山積み。ブログも書きたい事メモの箇条書きだらけ(笑)

 

それでも、仕事部屋だけは綺麗に片付ける。母の顔が浮かぶ。『 汚い所に繁栄はない!』小さい時からいつも言われてきた。それなのに最後はいつも開き直るんやけどね。
『 ホコリでは死なへん!』て(笑)

 

 

どうして毎年の事なのに、スケジュール通りに出来ないんだろうね。
やるべき事とやりたい事はリンクしないしね〜(笑)

 

 

それでもちょっと休憩しようと、ソファに横になって。
もうすぐ子供が塾から帰ってくるから、それまで少し…って時計を見ながら…そのまま寝落ち。これもいつもの事(笑)

 

 

『 ママ、ママ! お風呂入って、ベッドで寝ないと風邪引く! 』
ボサボサの落武者みたいな頭で、今日も子供に「 おかえり 」を言う(笑)どっちが親かわからない。

 

 

今年は私にとって、ものすごい年だったのに。
こんな事してるのが不思議な位に、色んな事があったのに。
いつもと変わらない年末を過ごしております。

 

 

明日、仕事納めです。
帰ったらお正月飾りをして、買い出しに行きます。明日の晩からは100%主婦と母親になります。

 

 

特別でない日々が、私にとっては全て特別で。

何気ない日常がこんなにも愛おしいです。

 

メンテナンス

 

 

今日は一日、ジュエリーのメンテナンスの日。
年末になると、昔お嫁に行ったジュエリー達が里帰りをしてくる(笑)

 

 

私もいつも着けてるジュエリー達を綺麗にクリーニングする。
メンテナンスって、とても大切なの。
特にジュエリーって使い捨てじゃないから、このメンテナンス次第で必ず将来差が出る。

 

 

お客様のメンテナンスは11月末から12月の頭にお預かりして、クリスマスまでにはお客様の手元に戻るようにスケジュールを組む。
使う頻度にもよるから、年に一回という訳ではないのだけれど、やはり大掃除と一緒で年末のご依頼が多いのね。

 

 

綺麗に磨くのも段階があって、うちでは職人が一点一点手磨きをする【 新品仕上げ 】がとても需要がある。
結婚指輪でも何でも、買った時のように蘇ります。
気持ちが良いくらいに、キレイになります。ホームページのrepairの画像をタップして頂けたら、メニューが見れます。

 

 

 

後はリングのサイズ直しも、パールの糸変えも、ジュエリーの事なら何でも承ります。新しいものよりも、まずは今あるものを、メンテナンスする。
とても大切な事だと思います。

 

 

いつもね、この時期になると嬉しくなる。
この仕事を始めて15年。
その当時のジュエリー達に久しぶりに会えるから。

 

 

今日の写真のハートのダイヤリングは、私が出産した年に買って頂いたからよく覚えている。
だから12年前のものだね。今回はサイズ直しにお預かりしました。
懐かしいなぁって。嬉しくなる。
しばらく眺めながら、ゆっくりとピカピカに磨く。

 

 

きっとこのリングは、いつか娘さんに譲られる。
そしたら、またメンテナンスをして、サイズ直しもする。
そして、また何十年かしたらその子供さんへと。
そうやって、代々受け継がれていく。
そんな感じがね。私はホッとして好きなの。
時間がゆっくり流れている気がする。

 

『 stories  of  jewelry 』

そのジュエリーのひとつひとつに、色んな人生とか生き方とか、物語がある感じ。
お誕生日や結婚式。何かの記念日とかね。
それを私も思い返しながら、幸せと感謝を思うのです。

 

 

それから、うちのヒーリングストーンも使い捨てではありません。
毎年買い換えた方が良いと勧める所もあるようですが、うちのは違います。
メンテナンスして頂けたら、長く使って頂けます。

 

 

ブレスはシリコンなので、劣化します。
欠けたり割れたりしたストーンは変えた方がいいです。
その分だけ買い換えて頂けたら充分です。
一年で買い換えるものではありません。長く手元に置いてやって下さいね。

 

デザインに飽きてしまったら、組み替えもします。糸変えやクリーニング等、お気軽に問い合わせ下さい。

 

 

5センチの向こう岸

 

今年も一週間を切りました。
どこもかしこも渋滞ばっかりで、嫌になるけど。
私は車の中のひとりの時間て大好き。
運転中は自分だけの時間と空間でしょう。
物事を考えたり、思い出に浸りたかったり、泣きたい時だって、車の中って最適なのね。

 

最近ね、ユーミンの昔の曲をずっと聴いてるの♬
CDの断捨離するはずが(笑)捨てれずにハマって聴いてる。
断捨離あるあるかな?本や雑誌とか写真もそうだけど、これはダメだね(笑)

それで、思い出し泣きした曲。
【 5センチの向こう岸 】懐かしすぎて。

学生の頃に、7つ歳上の彼が出来てね。
英語もペラペラで、スポーツも万能。何してもプロ並で。瞳が綺麗なブラウンでハーフみたいだった。自慢の彼だったのだけど。私より背が低かったの。

 

いや、私も165あるから。
ちょっとヒール履いたら170とか超えちゃうし(笑)
その頃は何となく、ペタンコの靴ばっかり履いてたのね。
それでも私の方が大きかったと思う。

 

 

そしたらある日言われるの。
『 由美はどうして最近、ヒールのパンプスを履かないの? 僕はピンヒールが好きだし、背の高い子が好きだから履いて欲しい。』
「 えーっと…いいの?」って、私がキョトンとしてると、うんうんて頷くの。

 

 

それで、嬉しくて次の日からまたヒールのパンプスを履くようになった。
いつも私が見下ろす感じだったと思う。
私はそもそもそんな事はあまり気にならない方だけど、友達にはよく言われた。『 もうちょっと背が高かったら言う事ないのにね。』って。

 

 

まだ学生の私は、社会人の彼がデートで連れて行ってくれる場所が、とても嬉しくて楽しかった。
当時プールバーが流行ってて、初めてビリヤードやダーツを教えてもらった。
毎週のようにサーフィンにも行った。

 

 

その彼は私が綺麗な格好をしてるのが好きだと言った。
だから、今週末はお洒落しておいでって言われるデートが一番楽しみだった。
少しでも綺麗に見えるように、頑張ってたと思う(笑)

 

 

並んだ時に背が違う事なんて、二人共全く気にしてなかった。
何も気にせずに、手を繋いだり腕を組んだり、普通にしてたんだけどね。その後しばらくして、分かれてしまうのだけど。理由は背が違う事じゃなかったと思う。

 

でもね、数年後に街でばったり出会った時に、彼は子供を抱いていて、後ろにいた奥さんがとても小柄な人だった(笑)

…その時に、何だかもう一度失恋したような気分になったの。今頃フラれた気がした(笑)
言葉にするの難しいけど。
わかってもらえるかな? その感じ(笑)

 

 

5センチの向こう岸
松任谷由実

最初からわかってたのは
パンプスははけないってこと
歩きつつ彼と話すと
知らぬまに猫背になるの
七夕のパレードを見に
腕をくみ人ごみ泳げば
でくわしたクラスメイトが
次の朝みんなで笑う

彼は誰なの どこで見つけたの
でもかわいいね あなたより背が低い
並んだら5cmも

それ以来 急に気になり
心もち離れて歩いた

人前で冷たくしたり
わけもなく傷つけだした

僕もまえから おかしかったのさ
やっぱり二人合わないよ 背がちがう
並んだら5cmも

さよならは混んでたディスコ
はじめてで最後のチークタイム
あのひとのおでこの上で
いつまでも鼻をすすった

あの日のダンス 本物だったね
今は似合いのTinyな女の子
つれてるときいたけど
あんなダンスは二度とできないね
子供だったの 5cmの向う岸
二人とも渡れずに
若いころには人目が大事よ
もっと大事なやさしさを失くしても
気づかない こともある
ラララ…

 

 

 

親愛なるサンタさま

 

 

今日は世界中がクリスマス🎄

 

うちの子、今年はサンタさんへのお手紙には『 合格 』と書いてあって。
合格のプレゼントって聞いた事ないけど。それくらいの思いって事で(笑)
受験ももう一ヶ月を切り、クリスマスやお正月なんて言うてられない時期でございます(笑)

 

 

小さい頃は、ほんとに可愛かったの。毎年綺麗なクリスマスカードに、サンタさんへのお手紙を一生懸命に書いてた。

 

 

『 サンタさん、この時期走り回って大忙しなんよ。12月の1週目の土日までに欲しいものを書いておかないと、クリスマスには間に合わないそうよ。』

……そんなの、サンタさんじゃなくて、私の都合なんやけどね(笑)

 

 

それにね、何万円もするものと、千円もしないものとね(笑)子供って真剣に悩むでしょ?
だんだん大きくなるにつれて、物の値段が何となくわかってきて。そしたら言うことが可笑しいの。

 

「 ママ、サンタさんに高い方をプレゼントしてもらうから安心して。」

もう笑った……どっちも親やねんけどね(笑)
サンタさんを信じてる間は、プレゼントは2つもやけど、まぁ良いよねって(笑)パパとママにはこれ、サンタさんからはこれ。って別々にお手紙に書いてたね。

 

ツリーの電飾をチカチカさせて、外からも見えるようにね。
窓のカーテンを少し開けて、クリップで留めるの。
サンタさんがそこから中を覗いて、お手紙を読むんだって。
大きな字で、漢字にはふりがなまで振ってあった。

 

 

『 隆真、ありがとう。ママね、お手紙全部置いてあるんよ。毎年毎年あなたはたくさんの幸せを私達にくれた。私達親にもたくさんの夢をくれたでしょう。プレゼントが出来て、私達の方も嬉しかったのよ。』

 

 

家族で毎年クリスマスを祝う。幸せだなと思う。
もうすぐ友達や彼女と過ごすようになるんだろうね。
それでいいんだけど。それが普通なんだけど。少しだけ寂しい感じがする(笑)

 

 

毎年楽しみにしてる音楽番組。
小田和正の【 クリスマスの約束 】もうすぐ始まる。
これを観て、うちのクリスマスは〆です(笑)

 

 

よくよく考えてみたらね。
お正月には神社にお詣りして、お盆にはお寺で墓参り。
そして年末はクリスマスを祝う。みたいな…
日本て節操ないというか……平和というか(笑)
まぁ、いいね! 皆んな楽しくて笑顔ならね(笑)

 

 

世界中が幸せでありますように……
メリークリスマス!

 

 

Merry Christmas❣️

 

今日はクリスマス・イヴ。
夕方から雨になって。
ホワイト・クリスマスにはならなかったねぇ。
私達夫婦は、久しぶりのお休みを頂きました。
クリスマスにオフなのは、何年振りだろうね。

 

 

午後から友達のブティックに寄って、その後はお茶してたの。
今から2人で食事に行きます。
あのね、これからはたくさん思い出作る事にしたの。

 

仕事はもちろん大切。
ただ『 仕事が何よりも優先 』は、少し改める(笑)
夫婦や家族との日々の暮らしが大切ね。
私の大切なもの。優先順位を間違えないように。

 

皆んなはどんなクリスマスを過ごしてるのだろう。

 

******************

 

先日、遠方からお客様がわざわざ来て下さった。
メールやLINEではなく、ホームページから来店予約して下さり、とても嬉しかった!

 

Aさんとは、もうかれこれ5〜6年になるかな。
遠方なので、私が出張した時に、年に何度かお会いする感じなのだけど。
初めてこちらに来て下さった。

 

私より少し歳下の独身女性。
最初お会いした時、いつも自信無さげだった。
だけど、最近はお会いする度に、キラキラして綺麗なの。
これからは『 心が喜ぶ事をする 』と、決めたのだそう。

 

これまで『 もったいない 』とか『 将来の為 』とかね、そう思ってやめてきた事がたくさんある。
でも、そうじゃないなって気が付いて。って。
将来の為と思ってたけど、結局その時と何も変わってない自分がいる。って。

 

『 それじゃいけない。今、自分の心が喜ぶ事をしよう!』って決めたんだって。
話ししてて、嬉しかった。
ネイルしながら、瞳がキラキラしててね。
良かった。もう大丈夫だなって思った。

 

きっと、近いうちに彼が出来るよ。
笑顔が以前と全然違うもの。
いつか、いつかは、来ないんだよ。
常に『 いま、ここ 』にしか、人は生きられない。
だから、今、するの。
気付いたもの勝ちやよ。

 

以前、Aさんとした会話。
急に蘇って、さっき思い出し笑いしてたの。

「 LINEしてごらんよ〜。ランチ行こう!って。食事がハードル高かったら、お茶でもしよう!で、いいやん? 」

って、私が言った時の話。

『 無理。最初の出だしの一言をどうしたらいいか分からなくて、スマホ持ったまま1時間以上考えて。思いつかなくてLINEするのやめた。』

「 何でよ〜(笑)おはよう! こんにちわ! いつもお疲れ様! シンプルでいいやん!」

そんな会話したの、Aさん覚えてるかな(笑)会いたい人に会いたいって、シンプルに伝えるだけ。大丈夫、大丈夫。

 

 

……大阪は雨です。
きっと、そちらはホワイト・クリスマスかな。

 

ステキなクリスマスを過ごしていますか?
世界中のあちこちで、皆んなが『 心が喜ぶ事を 』

 

私もです。感謝だな。ありがとう。

Merry Christmas!

 

 

今を生きる

 

 

あぁ、この数日はあっという間だった。
仕事とプライベートと病院とね、パズルのようなスケジュールで、なんとかこなせました。

 

 

後、今年も一週間で終わり。
私にとってこの年は、一生忘れられない年になる。
私の人生に於いて、間違いなくもの凄い転換期の年。
一度死んで、生まれ変わった年。

 

 

私の一番汚い部分と、一番綺麗な部分が、全部表に出た年。

 

命の事、生きるとか死ぬとか、精一杯考えた年。

 

 

生きるとか死ぬとか、本当はどういう事なんだろうね。

…あぁ、ダメダメ。
今はそれを考えるのはやめとこう(笑)

 

 

まだ、挨拶回りと年賀状が残ってるしね(笑)
ネイルの仕事も30日まで入ってるし。
それが終わったら、ゆっくりお風呂に浸かりながら考えよう。

 

 

『 いま、ここ 』だからね。
過去も未来もないねんよ。
常に今、ここにしか生きられないねん。
過去を振り返ったり、未来の為にこうして行こうとか、考えるんだけどね。考える事はいっぱい出来たとしても、リアルな今、ここ、にしか人は存在出来ないねんよ。

 

明日が来たら、今日の事も全て過去の話になる。

 

だから人は常に『 いま、この瞬間を生きる 』それしかないねん。

ラストスパート、頑張るよ!

 

 

穏やかな一日に

 

昨日に続いて、今日は京都のクリニックです。
先月から一ヶ月後の検診と、ビタミンC点滴もたっぷりしてきました。

 

『 ちゃんと頑張ったな。しんどいけどな、必ず結果出るから頑張ろ。自分の病気は自分で治すんやで。怖がらんでいい。大丈夫やから。この数値見てみ。これをこのままキープ出来たら良し。完璧に出来なくてもいいから、出来るときはきっちりやる、それで良い。』

 

どこまでも明るい気さくなドクターで、本当に有り難い。

 

『 心配せんでいい。このままで行こう。年末やしな、外であかんなぁという食事をたまにしても、家に帰ったらしっかりまた元に戻したらええから。ゆっくりと、それでええ。』

 

 

今日は年末も近いからか、待合も座れないくらいの人だった。
予約はしていたけど、それでも1時間ちょっと待って名前を呼ばれる。
その間、待合で周りを見ていて、何となく気付いたのだけどね。
ここの患者って、皆んな楽しそうに話をしてるなって。
ふと気がついて、私も嬉しくなる。
私が行く病院て、どこもどんより感がないな(笑)
病院で病気になりそうってあるじゃない?(笑)
ここは違う。ずっと居てても苦痛じゃない。それだけでも有り難いなと思う。

また一ヶ月後に、検診に来ます。

 

*********************

 

今日は久しぶりにバスと電車に乗ったのね。
たまには良いね。いつも車ばっかりだから。

阪急電車。昔毎日見てた景色。
私の短大のある駅も通過。懐かしいな。

 

 

車窓をぼんやり眺めてたら、急に思い出したの。
随分昔の話だけど、まだ若かった頃。
ある女性のお見舞いに行った時の事。

 

『 貴女はいつも楽しそうで良いなぁ。私ももし元気になれたら、貴女みたいに仕事して、彼も欲しいなぁ。デートってしてみたい。』

 

「 デート?そんなのすぐに出来ますよ。どんな彼氏つくります?」(笑)

 

『 健康な人だったらそれだけでいい。他には何にもいい。もう病気は充分。』

 

そんな他愛のない会話した事、急に思い出したの。
でもびっくり。声までがリアルなの。
その後、その方は若くして亡くなられた。
血液の癌だった。まだ30半ばだったのに。

 

ずっと入退院を繰り返していた彼女。
その年齢で経験するような普通の事を、私は何にもしてないって、いつも恥ずかしそうに小さな声で話されてた。

 

『 私は男性とお付き合いした事がない。ねぇ好きな人が出来るってどんな気持ち? 食事しながらどんな話するの? せっかく女性に生まれてきたのに。一度も抱きしめてもらう事もなく、私は死ぬのかな。』

 

「 何を言ってるんですか! これからたくさんできます。」

 

今ならわかる。恋愛も仕事も全部、健康があって、初めて成り立つんだなって。
健康なくしては、何も始まらないんだって。
風邪すら殆どひいたことのない私が、こんな大病をしたからこそ、気づく事がたくさんある。

 

 

『 健康だったら、他は何も望まない 』と小さな声で言った彼女の事を、今なら、今ならね、悲しいくらいにわかる。
どんな気持ちで言ったのか。痛いくらいに分かるのよ。
その時の私には、さらっと通り過ぎた会話だった。今頃急に思い出して、涙が流れる。

 

 

人間てね、自分の身に降りかからないと分からないことばっかりだね。
それが大切な家族や友人であっても、いつも真横に居てても、想像は出来ても当人にしかわからない事だらけなんやよ。

 

もちろんそれで良いのだけどね。
こんな思いをね、私の大切な家族や友人がすると思うだけで、叫びたくなるもの。

 

 

何か美味しいもの食べたいとか。
こんなものが欲しいとか。
何処に旅行に行きたいとか。
それは全部、まずは健康があって成り立つものなんやよ。
元気でいてこそなんよね。

 

ただね思うの。今日もいい天気だったなとか。
空を見上げて、夕焼けがとても綺麗だなとか。
季節をちゃんと感じれるのは、病気でも出来る事。
いつもより少しだけ優しくなれたり、そんな小さな幸せが嬉しいのは、私はきっと今だからなん。

 

だからね、全てはその人にとって、必要、必然なんやね。

 

窓から見える景色を眺めながら、そんな事を考えた一日だった。

 

 

検査報告(カテーテル治療 ⑤)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日は午後からIGTクリニックへ。
血液検査から造影剤CT、レントゲン等の検査一式。
その後、先月のカテーテル治療の結果が出ます。

 

 

今回は良い結果が出ました。
進行がまた止まりました。
腫瘍の輪郭もぼやけていました。
画像で見る限り、また小さくなってる。

 

でもね、一喜一憂しない方が良いって。
だから、冷静に。嬉しいけど(笑)
冷静に画像をじっと見つめる。

 

 

先月カテーテル治療の後、京都のクリニックに行ってきて。
この3週間、食事に気をつけてきた。
身体の中に入れるものがとても大切なんだと指導を受け
100%ではないけれど、出来る限りの事はやってみた。

 

【 枝葉の先の葉っぱの事より、幹や根っこの部分が一番大事 】

 

そう言われて、腑に落ちて。
まずは自分の身体を知るところから、始めてみた。

 

朝は人参りんごジュース500〜600ml。
重曹水も700〜1000ml。
これは一日かけて、空腹時にゆっくりと飲む。
食事の内容は青魚と野菜、果物はたくさん食べて良かった。
白米をやめて玄米に。小麦粉等も全て全粒粉に。
ただね、薄味〜〜これが一番キツかった!

 

今まで、お醤油やドレッシング、調味料をたくさん使ってた。
いかに今まで、濃い味だったのか。
良い食材というより、食べ方に問題があった事がよく分かった。

 

今はミネラルが豊富な塩を少々。
お酢と良いオイルとコショウで味付けしてね……。
しっかりと出汁をとったら、少しの味付けで美味しい。

 

だいぶん慣れたよ。薄味になってきた。
バルサミコ酢とか、美味しいの聞いて買ってきてね。
おやつは素焼きのナッツ類とか、焼き芋とか食べてる。

 

 

こうやって、今は我慢なのかもしれないけどね。
これが普通になる日がきっとくる。
だから、このままやって行けると思う。そうやって身体の中をアルカリ性に持っていくと、癌の居心地が悪いのだそうだ。よって腫瘍も元気がなくなってきて、少しの薬で効くのだと。

 

原理は分かったので、このままダブル治療で行きたいと思います。次の治療はお正月明けです。また報告します。

私は今、余命を過ぎて生きています。

どうやら元気で年越しできそうです。

神様。ありがとうございます。

ソウルメイトの仲間へ。心からありがとう。

 

 

 

********************

 

 

ただね〜やっぱりね〜〜
街中がクリスマスでキラキラしてる中、私は地味な食事。
カフェの看板のパフェやスィーツの写真を眺めてたら、看板でも良いからもうかぶりつきたくなって(笑)

 

 

私、焼き芋ちゃうくて、モンブランが食べたいの!(笑)
梅おろし蕎麦ちゃうくて、天ぷら蕎麦かカレー蕎麦が食べたいの!(笑)
玄米に納豆ちゃうくて、白ご飯にドーンと明太子乗せて、丼で食べたいの!
全粒粉の硬いパンじゃなくて、ふわふわサクサクのパンが食べたいの!

 

心の叫びやの。
もう何度も夢に出てきたしね(笑)

 

 

性善説と性悪説

 

【 性善説と性悪説 】

昨日は「 なんだかなぁ… 」と、ブログを書きながら、自分でもずっと首を傾げてた。
何だろね、自分は会社側なのか、従業員側なのかと言われれば、やはり会社側の人間な訳で。

 

私も自分で仕事してるから、不必要な経費はなるべく削減したい。
でもね、昨日の話には何か違うものを感じたんよね。
何かどちら側にも、スッキリしない何かを感じた。
……何のこっちゃ?の方は、昨日のブログを先に読んで下さい(笑)

 

そして、その話の流れでね【性善説と性悪説 】の話になったの。
私はどこまでも【 性善説 】だと話したら、その人は【 性悪説 】だと。
由美さんは甘いな【 人を見たら泥棒と思え 】って言われて(笑)

 

人間の一番狡いとか醜い部分とかばっかり見てきた人って、しかもそれが仕事やったりしたら、こんな風になるんかなって。思わずその人の顔をずーっと見つめてしもた。

 

じゃぁ私は清廉潔白かと言われたら、そんな事は決してないんよ。
胸張って言うことでもないけどね(笑)
特にサラリーマン時代は、経費予算枠は全部使わな損やと思ってたし(笑)
だから無駄に使ってた事もあったしね。
なるべく落とせるものは全部、領収書切ってた。
でもね、ちゃんと仕事はしてたし、結果出してたよ。

 

きっとね、会社側も社員側にも、もっとおおらかさがあったんだと思う。
今はそんなのが皆無のような気がする。
経営者と社員との間に、思いの温度差みたいなものをすごく感じるんよ。

 

人間てね、良い人悪い人に分けられるのではなくて、皆ごどっちの部分も両方持ってるんやよ。

 

経営者はなるべくコストを抑えて、最大限の結果を求めるしね。
社員側は、最低限の義務を果たして、最大限の権利を主張するでしょ?

 

時代の流れもあるかもしれないけど、何かもっと心の器というか、おおらかさみたいなものが人の心にないと、しんどいなと思う。

 

 

 

…こんな話してたら、ふと思い出した(笑)めっちゃ余談やねんけどね。
昔、見た目が桜井さん似の(ミスチルのね)食事に誘われてね、嬉しくてお洒落していそいそと行ったのよ。
もちろん、めっちゃプライベートやよ。
大手の会社の課長やった。
何でもかんでも会社名で領収書を切る人でね。
その後も何回か食事したけど、ずっと領収書領収書言う人やった。

私が出すねって言うても、いいよ領収書切るからって格好つけてさ。
あぁ…こんな珈琲の数百円までも…。
ちっこ! この男ちっこ!格好悪い‼︎
『 あのさ、会社のお金でこんな高いとこ、ご馳走してくれんでいい。』
最後に言うた言葉。私も可愛くないな(笑)

 

私はプライベートの食事をして、領収書を切る男は好きではない。切るとしても、分からないようにしてほしい感じやのよね(笑)
そこに人間性ってやっぱり出るからね。
それは性格もあるんだけどね。
私は良くも悪くもずっと親を見ていたから、そんなとこは似てるんだと思う。

 

なんか話が逸れてしまいました(笑)
また吠えてしもて、すみません。

 

 

性善説
(人の本性は善であり)人を信じるべきだという考え方
性悪説
(人の本性は悪であり)人は疑ってかかるべきだという考え方

「人は生まれつきは善だが、成長すると悪行を学ぶ」というのが性善説
「人は生まれつきは悪だが、成長すると善行を学ぶ」というのが性悪説です。
つまり、どちらの見解でも結局「人は善行も悪行も行いうる」ということ。