yumi-fields

日々感じること。心のままに。 私の病気の事、仕事やプライベート、心の中の事をありのままに。

卑怯

 

ここ数日、カヌー選手のドーピング問題が報道されている。
とても悲しい。何に対してなのか沸々と怒りが込み上げてくる。
現代社会の縮図を見ているような気分になる。

 

 

今日、塾への道中、子供の言った事がそのままだった。

『 あのなママ、昨日〇〇先生が( 塾の)言うてはったんやけど、試験中に色んな事を言う子がいるけど、相手にしない事、気にしない事やって。』

「 試験の当日? 誰に何を言うの?」

『 トイレ休憩とかお昼休みの時に、大声で言う子がいるって。わざと緊張させる言葉とか、不安になるような事を言うらしい。そんな話を真に受けて、動揺しないようにって。』

 

子供の話を要約すると、〇〇塾はこんな問題は出来ない子が多いとか、あそこはレベルが低いとか、自分の行ってる塾の方が有利だみたいな話。
それをわざと聞こえるように、大きな声で言う子がいると。

気の弱い子だと、それで不安になったり萎縮してしまう。
試験に集中できなくする事が目的らしい。

全くもって、馬鹿げた話。
どこの誰と確認出来ない話だけれど、わざと足を引っ張るような行為が、実際にあちこちから報告されるらしい。

 

まさか塾の先生がそんな指導をするとは思えない。
ただ、どこの塾であっても、指導者が言わないと子供がそんな事を言うかな?と、首を傾げる内容もある。
それが先生であっても、親であっても、大人が日頃口にしている事を、子供は必ずマネをする。

 

【 相手を陥れて、自分を上げる行為 】

私は恥ずかしい事だと、子供には教えてきた。
それは『 卑怯 』な事だと。
何かに挑む時は正々堂々と、自分の努力と実力で闘って欲しい。

 

 

子供の話をずっと口を挟まず聞いていて、最後のこの言葉に救われた。

『 でもなママ。勝ち方って大事やん?』

「 そやね、隆真。それを分かってるなら、ママは嬉しい。競争相手の心にダメージを与えて下げれば、その反動で自分が優位に立つと思う考え方。それは、間違ってるんよ。」

 

 

********************

 

 

あいつさえいなければ。

私もそんな事を思う場面が何回もあった。
学生時代にだって。社会に出てからも。
相手を蹴落としてでも、上に立ちたいという感情。
きっと誰にも多少なりともあると思う。

 

心の中で、本当に色んな事を考える。
ただ、声に出したり行動に移す前に、気が付かないといけない。
全ては、後で必ず自分に返ってくる。

 

 

【 承認欲求 】が過ぎると、人は何か心がプツンと切れたようになるんだろうか。
何をしてでもそれを手に入れたい。
結果が全て、その為には何をしてでもみたいなね。

 

今日、子供の話を聞いていて思った。
そんな子供達が大人になった時に、今回のカヌー選手のドーピング事件のような事が起こるんじゃないかと。

 

 

 

成人式の意義

 

今朝、天気予報が知りたくてニュースを観ていたら、各地の成人式の様子が色々流れていて。
思わず画面を二度見する。

 

 

今年もまた、新成人達が式場でお酒を飲んで酔っ払い、馬鹿騒ぎをしている。
ある女性は、それは振袖ですか?と、花魁もびっくりするような下品な化粧の出で立ちで、テレビに映っている。
バカ丸出しの新成人達の映像ニュース。

 

 

…ちなみにこの花魁やけどね、この子達はこれが格好良いと思ってるんやろけど。私が親やったら確実に泣くね。
花魁(おいらん)て、女郎、遊女、今で言う高級娼婦。その時代は美貌も教養も芸事も優れた女性ではあった。でも、みなまで言わんけど。
成人式でその格好は…。やめた方がいいやろね。

 

 

うちの子も口をポカンと開けて、無言で報道に観入ってる。

『 ねぇ、隆真。恥ずかしいよね、こんな大人。』

思わず口から出る。
この際この場を借りて、子供にはきちんと伝えないといけない。

 

 

『 もうこの人達は、おとなの仲間入りやのにね。お父さんやお母さんから、今までは守られてきたけどね。周りから保護されてきた子供時代は、もう終わりやの。』

 

 

私も20歳の頃はきっと生意気だったし、まだまだ大人の自覚も足りなかったとは思う。
ただ、私は20歳の時に社会人になった。
同じ20歳でも、学生と社会人は確実に違う。
甘えがあると、否が応でも必ず洗礼を受けた。

 

自分の無知さが恥ずかしかったし、穴があったら入りたい気持ちに散々なった。
その度に、私の親は守ってくれるどころか、私を突き放した。
でもだからこそ、その時に学んだ事がたくさんある。

 

 

成人式の意義って何やろね。自立して、大人社会へ仲間入りすることをきちんと自覚するために、成人式ってあるんやと思うんやけどね。何か最近見てると、違うような気がする。

 

 

今の日本の法律では、20歳で成人したものとみなされて、飲酒、喫煙の権利が与えられる。
公営ギャンブルも出来るし、親の承諾無しで結婚だって出来る。
選挙権は一昨年から18歳に引き下げられたんだったか。

 

この権利をたくさん得れる代わりに、義務や責任も発生する。
それは学生か社会人かで、また少し違ってくるんだけどね。
だからどちらかというと、成人式より社会人になった時の方が、一人前になったとか大人とかを自覚するのかもしれないね。

 

 

どちらにしても、自分の言動と行動にきちんと責任を持つこと。
それが大人への第一歩なんやろね。

 

 

今日、成人式を迎えた人達の事もだけど。
私達親世代が、もっと見本になるような生き方しないと。
びっくりする位にしっかりしてる20歳もたくさんいてるからね。

 

 

 

成人式の仕事をしていた頃は、夜中の2時とか3時から、美容室で着付けとかメイクのお手伝いしててね。
着物も正絹の古典柄が多くて、見るのも楽しみだった。

 

 

『母が成人式に着た物なんです。』とか聞くと、とても嬉しくなった。
代々継がれた歴史のある着物や帯。
やっぱり良い物は良いなぁって。
うちのジュエリーもだけどね、使い捨てではなく、そこにストーリーのある物って、私は宝物やと思うのよ。

 

最後になりましたが、

成人式を迎えられた皆様、親御様も
おめでとうございます。

この先の人生が素晴らしいものでありますよう。

 

 

パッチ・アダムス

 

 

私が愛してやまない映画があります。
今日また久しぶりにDVDを観ました。
もう何十回観たか分からないけど(笑)

 

時折思い出しては、1人でまた観かえす映画。
自分の心を正す為。そして初心にかえる為。

 

 

何か物事をスタートする時に、当初の純真な気持ちを改めて思い返す時に、もう一度観る映画です。

『 パッチ・アダムス 』

 

私が初めてこの映画に出会ったのが30前でした。
1人の実在する医師の話。ノンフィクション。
私の大好きな、実話に基づいたストーリー。
医学界の常識を覆した医学生【 パッチ・アダムス 】の半生を描いた映画。

 

『 医師とは何ぞや 』というを医学会に問うた人。
『 笑い 』が特効薬であるという事や、本来の治療とは病気を治す事よりも、その人の『 生を高める 』という事が大切だと。

 

本当に沢山のメッセージのあるストーリーです。

【 死は敵ではない。病気と闘う場での一番の敵は”無関心” 】

【 笑いは目的ではなく、手段にすぎない 】

【 人から奪い取るより、与える方が豊かな社会になる 】

 

 

映画の終盤のパッチが心の全てを語るシーンは、魂が震える位に素晴らしいです。
私は今日もこの部分は何回も何回も繰り返して観ました。
おいおい涙流しながら(笑)

 

 

パッチもね、医者になろうと思ったきっかけは、自分自身が精神病院に入ったから。
自分が患者の立場になったからこそ、わかった事や気付いた事があったから。
自殺願望があった位に、暗い過去があったから。

 

だから逆に、それがなかったら医者にもなってないし、その人生もない。
って考えたら、全てはやはり必要必然なんよね。
その渦中には気付かなくてもね。
後にそれで良かったんだと思える過去は、自分にとってオール善やのよ。

 

 

これ観ながらいつも思う事は、医者じゃなくても全ての人に言えることだなぁって。

 

私がこの映画で、自分自身に受けるキーワードは『 愛 』『 夢 』『 笑い 』『 情熱 』
これを今一度、思いかえす為に観るんやよ。

 

ごめん、書きながら思ったけど私、暑苦しい奴やね(笑)
でもでも、私は人生ずっとこれでいきたい。
いつも何かに感動して、涙流しながらね、生きてる実感持ちたいの。

 

 

人に対してもそう。
季節の移り変わりや、音楽や芸術に対してもそう。
全部に正面から向き合いたいの。
何て表現したらいいか難しいけど。

 

 

話が少しそれちゃったけど。
『 パッチ・アダムス 』素敵な映画です。
あくまでも、これは私の感想です。
でも、とてもお勧めです。
古い映画ですが、お時間ある時にぜひ観てみて下さい。

 

Amazing Grace

 

今朝、無事に退院しました。
昨日は昼から微熱と偏頭痛でダウン。
LINEもブログも書けなかった。

 

 

でも病院だから良かった(笑)
ひたすら寝てました。
検診等の必要最低限以外は起きずに、もうひたすら寝て(笑)
今はもう元気になりました。
いつもありがとうございます。感謝。

 

 

今朝もうちのパートナーが病院まで迎えに来てくれました。
帰りも湾岸線はガラ空きで、家で一人で待つ子供の話をしながら、飛ばし気味で帰ります。

 

その時にね、ラジオから昔の洋楽が流れてて。
この曲、好きやわぁ。ダウンロードしとこうって(笑)
音楽の話になってね。

 

 

その時に、うちのパートナーが言ったの。

『 由美、竹原ピストルって知ってるやろ?1upのコマーシャルソング歌ってる人。』

「 よう、そこの若いの🎶っていうやつ? 」

『 うん、そう。その竹原ピストルがアメージング・グレイスを歌ってるんよ。』

「 あの賛美歌の?」

『 うん。アメイジング・グレイスに、竹原ピストル自身の思いを日本語の歌詞にして歌ってるねん。それがな、初めて聞いた時に、僕の歌やわって、涙が止まらんくて。また聴いてみて。』

 

 

その後ね、また仕事やら子供の事やらに話が戻って、そのままになってたのね。
で、家に帰ってからも疲れて私眠ってしまってて。
さっきふと思い出して聴いたの。

 

 

https://g.co/kgs/NYQdc8

 

 

「 ごめん隆ちゃん。今聴いた。…ごめんね。」

『 そっか。僕も初めて聴いた時、胸が張り裂けそうやった。気持ちが分かるとか、そんなもんじゃない。僕の心そのままやわって。』

 

 

自分の家族や、そうでなくても大切な人が『 癌 』という病に蝕まれた時に、きっとこんな思いをする。

 

 

私はいつも思う。
この病気になるのが2人に1人の確率なら、私で良かったと。
うちのパートナーじゃなくて私で良かった。
こんなの、きっと耐えられない。

 

 

「 私はどこまでも図太いから、死なへんねんよ。隆ちゃんやったら、もう今ここに居てないかもよ。」

そう言って笑ったけど、違うんやよ。
私がもし逆の立場なら、私が耐えられないねん。
だから全てが、必要、必然、ベストなんやよ。

 

 

竹原ピストルさんのブログに歌詞があったので引用します。

 

 

Amazing grace
(竹原ピストルVer.)

ミジンコくらいにちいさくなってあなたの頭の上を探検したい
こっそりとこっそりとあなたの白髪を勝手に黒くそめてあげたい

ミジンコくらいにちいさくなって
あなたの手のひらの上を探検したい
こっそりとこっそりとあなたの生命線を
勝手に長くのばしてあげたい

 

ミジンコくらいにちいさくなってあなたのおなかの中に出陣したい

たとえ刺し違えようとも

たとえ刺し違えようとも

あなたを蝕む癌細胞をぶっ殺してやりたい

Amazing grace。。。

 

 

カテーテル治療 6回目

カテーテル治療・6回目も無事に終えました。
ありがとうございます。
治療中の痛みも殆ど無く、治療後、現在も良好です。
午後から温熱治療も受けて、その後はずっと眠ってました。

 

 

今回ね、初めて海が見えないの〜(泣)
窓際にならなかった。
あっ、海はすぐ側にある(笑)
ベッドから見れないだけね。これ贅沢な話ね。

 

今朝は早朝に病院に入りました。
家を出る時、寒かった〜。
氷点下!車も凍ってたしね!雪降るね、きっと。
今日、仕事初めの会社多い? 明日からかな?
湾岸線をガンガン飛ばして、まだ渋滞もなくスムーズに到着。

 

 

うちのパートナー、10分で帰って行きました(笑)
受験生の息子を家に置いてきたからね。
お昼ご飯を食べさせて塾への送迎がある。早く戻らないと。

 

 

家に病人が出ると、それに伴い家族も振り回される。
病気になって初めてわかる有り難みってたくさんある。
いつもありがとう。感謝してます。

 

 

今朝、病院までの道中、うちのパートナーと色々話す。

『 不思議やね。私が死んだらって考えたよね? 隆真と2人になるって。』

「 うん、去年は一瞬頭をよぎったのは確かやけど、一瞬やった。僕、根っからのポジティブ人間やん? (笑)由美が死ぬ? あっそれは無いわって。由美のいない将来のイメージがどうしても出来んかったからなぁ。」

『 ポジティブ過ぎるよね(笑)もし私が先に死ぬような事があったら、また新しい奥さん貰っていいからね。』

そんな他愛もない会話をずっとしてた。
人の生死の話を笑顔でする。それっておかしい?
もうね、散々泣いて散々苦しんだからね、もう笑顔やのよ。

 

 

私達夫婦は、ひとつ何かを乗り越えちゃったんよね。
いやいや、たぶんまだ試練てあるんやよ。
側から見たら、嘘でしょ?って言うような事ね。きっとある。
ただ私達、笑いながら乗り越えると思う。

 

 

もしかしたら、試練とか気付かないかもしれないけどね(笑)
淡々と、黙々と、笑い飛ばしながらやってくよ。
人生って、本当に色々あるよね。
何にもない人っていない。

 

 

ただね、必ず何とかなるんよ。
何かを乗り越える度にね、何とかする自分になれるしね。
そもそも自分の器以上の試練なんてやってこないから。そこから目を逸らさずに、逃げずに受け入れるだけの事。

 

 

私の今年の抱負はね

『 笑い飛ばしながら人生を愉しむ 』

とにかく『 笑顔 』『 笑う 』楽しい事がキーワード。

 

 

FIELDS GROUP ホームページ
http://fieldsgroup.jp/

初夢

 

 

この三が日は、あっという間に終わり…
こんなに普通のお正月。
元旦に家族で初詣をして。
それぞれの実家へ新年の挨拶。
親戚にも会えたしね。
ゆっくりと過ごしました。

 

 

そういえば『 初夢 』を見ました。
一富士二鷹三茄子と言いますが、それは出てこなかった(笑)
私の夢は無声映画の様で…。
夢って、思い出そうと思えば思うほど記憶がぼんやり消えて行きそうなので、書き留めておこう。

 

 

私の周りにたくさんの人が居て。
年配の人から生まれたての子供までね。
全員親族じゃないのだけど、それ位に近しい人達で。
皆んなが笑いながら何かを話していて、穏やかな顔をしてる。
とてつもない安心感。

 

 

森のような所で、樹々がたくさんあって。
海も直ぐそばにある。綺麗な砂浜。何処なんだろう。
きっとどこか地球上に実際にある場所だと思う。

その場所に行けば、そこを見れば、きっと直ぐにわかる。
たぶん生きてるうちに、行くだろう場所。

先に夢で見たのだと思う。

 

 

 

今ね、明日からの入院準備をしています。
今回は明日早朝に病院に入って、当日治療です。
一日入院短縮。先生にまた無理を言いました。
土曜には退院予定です。

 

病室でまた海を眺めながら、色々考え事しよう。
ゆったりと、ひとりの時間を満喫してきます。

 

 

 

一富士二鷹三茄子(いちふじにたかさんなすび)とは、江戸時代の頃から使われていることわざの事です。夢で中で見るとめでたいものの順番を表しています。

 

漢字の通り、1位:富士山・2位:鷹・3茄子の順で縁起が良いと言われています。縁起の良い理由には様々な説がありますが下記の理由が一般的のようです。

 

【 縁起の良い理由 】

1. 富士山…日本一の山

2. 鷹…威厳のある百鳥の王

3. 茄子…『生す』『成す』で物事の生成発展する様子を表している

 

戌年 年女です❤︎

 

新年明けちゃいました!
おめでとうございます。
本年もどうぞ宜しくお願いします。

 

私、今年は『 年女 』でございます(笑)
4回目の『 戌年 』が巡ってきました。
だいぶん年相応になってきたんですけどね(笑)
若い頃はいつも年齢より上に見られてました。
そこで、思い出し笑いした エピソードを。

 

********************

 

 

私が社会人になって、4年目のお正月。
仕事も覚えてバリバリ働いていた頃。
メーカーさんとの商談の合間の、他愛もない会話(笑)

 

『 あっ私、今年は年女なんです! 』

 

「 そっか ⁉︎ え〜〜っ!由美ちゃん、年女ぁ。若いなぁ! そんな歳に見えへんわ!」

 

『 え〜〜っ、そうですか⁈ 』

 

「 いやぁ、びっくりしたわ。いや絶対若く見える!」

 

『 え〜っ、そんなに言うてもらわんでも〜 』

 

「 いやいや、まだ30位かと思ってたから。年女かぁ!」

 

『 ……はい。えっ?てか。え?えっ?? …私いくつの年女と思てはるんですか? 』

 

「 えっ? え〜っ?? ……ごめん。由美ちゃん…いくつなん? 」

 

『 …………。』

 

********************

 

 

……いっつも、そうやった(笑)
気分良く喋ってるのに、最後こうなる(苦笑)
でもでも、やっと最近ね、年相応に見られるようになってきたんやよ。
還暦の年女には間違われる事はあるまい(笑)

 

 

という訳で、今年も無事に迎える事が出来ました。
心から感謝なのです。
今まだ実家でこのブログ書いてるのですが、家族揃って笑い転げてます。
笑顔いっぱいのお正月スタートになりました。

 

昔の写真が出てきたので、ちょっとアップしてみます(笑)
この頃はまだ年相応かな(笑)私3歳位です。

 

 

今年は私、やりたい事全部やってみよう!の年にします。たぶん、色んな人巻き込みます。でもね、絶対楽しいから!笑い転げる一年にしようと思ってます(笑)

さぁ、新しい年がスタートしたよ!